3日に沖縄県の金武町フットボールセンターで始まった交流大会「国際フレンドリーサッカーキャンプ」に、2016年4月の熊本地震で被災した熊本市内の子どもたちが2年連続で参加し、グラウンドを駆け回って初勝利を挙げた。震災後は長くグラウンドを使えなかった子どもたち。「やっぱりサッカーは楽しい」と笑顔を見せた。

県内のサッカーチームと対戦し、記念撮影する熊本の子どもたち(緑のユニホーム)=3日、金武町フットボールセンター

 大会は一般社団法人リンク(大阪府、猿橋啓晃代表理事)が4年前から沖縄で開催している。今回は県内外の10チームが参加した。

 熊本の「がまだせ熊本」は選手14人が来県した。昨年は未勝利で、円陣では「がまだせ(頑張ろう)熊本!」と気合を入れて初勝利をもぎ取った。

 子どもたちのほとんどが熊本市南区城南に住む。引率した園田鉄也さん(37)によると、地震被害が大きかった町で、仮設住宅は今も約300戸あるという。倒壊した建物の解体・撤去が終わり、本格的な復興はこれから。

 普段は別のチームのコーチを務める園田さんは「長くグラウンドを使えなかった子どもたち。大会に誘われ、このメンバーでぜひ行きたい」と引率を買って出た。サッカーを通じた被災地支援をしている角田寛和さん(55)=千葉県=と共に熊本と沖縄で支援企業を探して旅費を賄った。

 最年少で新中学1年の武田真碧(まお)さん(12)は、今も仮設住宅で暮らす。小学4年でサッカーを始めて夢中になったが、震災後は「練習ができなくて悔しかった」と振り返る。初めての沖縄に「暑い!」と汗を拭きつつ、「シュートを決めたい」と意気込んだ。

 新中学2年の前田琉翔(りゅうと)さん(13)は昨年に続く参加で「1勝できてうれしい。サッカーは人と人とが仲良くなるのが一番の魅力」と声を弾ませた。

 最終日の4日、同センターで3試合を行い、5日に熊本へ帰る。