貿易業のビンコウホールディングス(那覇市、方徳輝社長)は、中国福建省に沖縄をはじめ日本の特産品を展示し、中国企業と商談する拠点「日本・沖縄館」を開店した。現地採用の職員3人が中国企業に日本の特産品を売り込む。同社は、福建省での通関期間を従来の半分以下に短縮できるルートも構築。