【平安名純代・米国特約記者】米有力シンクタンク「ランド研究所」のデイビット・シュラパク上級研究員が米外交専門誌フォーリン・ポリシーの軍事記者らを対象に、尖閣諸島をめぐり日中間で戦争が起きた場合をシミュレーションし、中国が5日間で日本を制すると分析していたことが分かった。