サッカーJリーグのプレシーズン大会「スカパー! ニューイヤーカップ」第2日は27日、沖縄県内2会場で沖縄ラウンドが行われた。西原町陸上競技場では、J3のFC琉球がJ2の東京ヴェルディに2-0で勝利した。

 琉球は前半11分、MF田辺圭佑の縦パスに反応したMF藤澤典隆のゴールで先制。さらに後半30分、左CKからMF朴利基が右足でネットを揺らして追加点を挙げた。守備でも東京Vに決定機を与えず、今大会初勝利を飾った。

 琉球は1勝1分けの勝ち点4でFC東京と並ぶも、得失点差で上回って首位に立った。

 県出身の上原慎也と上里一将が所属するJ2コンサドーレ札幌は、国頭村陸上競技場でJ1のFC東京と対戦し、1-2で敗れた。MF上原は先発フル出場し、MF上里も後半30分から途中出場した。札幌は2敗で最下位。

 最終日は30日、県総合陸上競技場で琉球は正午、札幌と対戦する。