県警は2日、少年の非行防止や立ち直りなどの活動を支援する職員49人に任命書を交付した=写真。任命された少年補導職員30人とスクールサポーター15人、少年警察支援要員4人は県内の14署や中学校に配置され、地域や学校職員らと連携して活動する。任期は来年3月末までの1年間。