3日に金武町フットボールセンターで始まった交流大会「国際フレンドリーサッカーキャンプ」に、2016年4月の熊本地震で被災した熊本市内の子どもたちが2年連続で参加し、グラウンドを駆け回って初勝利を挙げた。震災後は長くグラウンドを使えなかった子どもたち。「やっぱりサッカーは楽しい」と笑顔を見せた。