県は3月30日、災害時の医療救護活動の中核を担う「地域災害拠点病院」に、琉球大学医学部付属病院(西原町)と南部徳洲会病院(八重瀬町)を新たに指定した。2施設の追加で、県内の災害拠点病院は基幹災害拠点病院の中部病院を含めて13施設になった。