那覇市消防局は2日、店舗や宿泊・福祉施設など不特定多数の人が利用する「特定防火対象物」のうち、消防法令で設置義務があるスプリンクラーなどの消防用設備を設置していない84件の建物名や住所をホームページで公表した。 利用者が建物の安全性を確認できるようになるほか、設備の設置促進を狙う。