県経済団体会議(石嶺伝一郎議長)は4日、県庁に翁長雄志知事を訪ね、県が導入を検討している那覇−名護間を1時間で結ぶ鉄軌道の導入計画案について、「県土の均衡ある発展を支え、持続的に役割を果たせる公共交通ネットワークの構築に向け、将来を見据えた大局的見地から、鉄軌道ルートを選定してほしい」と要請した。