【東京】名護市辺野古の新基地建設で、護岸工事に使う石材を奥港(国頭村)などから海上運搬した件で、防衛省が当初は陸上運搬を想定していたことを認めた。県は、海上運搬は「環境保全図書で予測されていない」として防衛省に協議が整うまで運搬しないよう求めていた経緯があり、留意事項違反の可能性がある。