県内で琉球ガラスを製造する18社は3日、県琉球ガラス製造協同組合を設立した。同組合の加工施設を新設するほか、原材料の仕入れ、販売などを共同で実施し、琉球ガラスのブランド確立につなげる。琉球ガラスの国指定伝統工芸品の認定に向けた取り組みも展開する。 理事長には琉球ガラス村の稲嶺秀信代表が就任。