第88回選抜高校野球大会(3月20日から12日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会が29日、大阪市の毎日新聞大阪本社で行われる。

第88回選抜高校野球大会出場候補校

2015年の秋季大会で初優勝した八重山高校

第88回選抜高校野球大会出場候補校 2015年の秋季大会で初優勝した八重山高校

 困難な条件を克服するなど戦力以外の特色を加味する21世紀枠は3校を選出。離島のハンディを乗り越え、県秋季大会を制し九州8強入りした八重山(沖縄)、5年前の東日本大震災で大きな被害を受けた釜石(岩手)や、瀬戸内海の離島にある部員17人の小豆島(香川)が選ばれるかが注目される。

 一般選考は地区別に北海道1、東北2、関東・東京6、北信越2、東海2、近畿6、中国・四国6(四国の神宮大会枠1を含む)、九州4の29校を選出する。

 29日は午前9時から21世紀枠候補9校の推薦理由説明会を行い、午前11時からの21世紀枠特別選考委員会と地区別小委員会で32校が決定する。

 午後3時に21世紀枠の3校、続いて一般選考での出場校が順次発表される。