石垣市が2020年夏の開庁を目指す新庁舎の建設事業が新年度早々、“足踏み状態”に陥っている。市議会(知念辰憲議長)が3月定例会最終本会議で新庁舎建設事業費を削除した18年度一般会計予算の修正案を賛成多数で可決。