【東京】宜野湾市長選で再選を果たした佐喜真淳市長が29日、首相官邸で安倍晋三首相と会談し、当選報告と選挙戦での支援に謝意を示した。会談後に報道陣の取材に応じた佐喜真市長によると、安倍首相は「いい結果が出てよかったですね」などと述べたという。

安倍首相(左)と佐喜真市長

 また、同市長が「米軍普天間飛行場の固定化があってはならないとの民意が出たものと思っている」と、早期解決に向けて政府の協力を求めたのに対し、安倍首相は理解を示したという。

 28日に政府と県による新たな協議会がスタートしたことに関し、同市長は「中身がよく分からない」と述べるにとどめた。その上で、国と県、宜野湾市の代表者らで構成する「普天間」の負担軽減推進会議の再開を来週にも翁長雄志知事に要請する考えを示した。

 会談は非公開で約15分間行われた。菅義偉官房長官や島尻安伊子沖縄担当相、自民党県連の具志孝助幹事長らが同席した。