県内の子どもの貧困率が29・9%に上ることが29日、沖縄県の初めての調査で分かった。2012年時点の全国平均16・3%の約2倍。子どもの3人に1人が貧困状態に置かれていることになり、県内の深刻な状況があらためて浮き彫りになった。

子ども食堂で料理を作る小学生

 県内では平均所得の低さや、ひとり親世帯の割合が全国平均の2倍に上るなど、既存データからは厳しい調査結果となることが予想されていた。県は調査結果を踏まえて年度内に子どもの貧困対策推進計画をまとめ、改善に向けた具体的な施策を強化する。

 子どもの貧困率とは、平均的な所得の半分を下回る世帯で暮らす18歳未満の子どもの割合。県は市町村が把握する税務と住民基本台帳のデータを基に算出した。

 県は29日、県庁で調査の中間報告結果を発表。29・9%は現時点でデータがそろった8自治体分をまとめた。