県がサンゴの保全に向け、オーストラリアの国立研究所「オーストラリア海洋科学研究所」との情報交換などに関する協定の締結を調整していることが4日、分かった。同研究所と協定を交わすのは2度目。