5日は二十四節気の一つ、清明(シーミー)の入り。先祖の供養を前に那覇市の識名霊園では4日、墓の掃除に訪れる人の姿が見られた。ただ、掃除に来るのもままならない人がいる。那覇市の塗装業、砂辺善人さん(39)と妻の幸恵さん(38)は、知り合いの高齢の夫妻に代わって草刈りやごみの片付けに汗を流していた。