沖縄の子どもたちは、全国の2倍近くに当たる3人に1人が貧困状態にあることが明らかになった県の貧困率調査。「低所得県」が定着して久しいが、突き付けられたのは電気や水道などライフラインの維持さえおぼつかない貧困世帯の窮状だ。