沖縄タイムス+プラス プレミアム

米大使館員の救出想定、沖縄県内で1985年に訓練 海兵隊員400人参加

2018年4月6日 08:20

 【ジョン・ミッチェル特約通信員】在沖米海兵隊と米中央情報局(CIA)が1985年、米大使館が襲撃されることを想定し、職員を脱出させる大規模訓練を県内で実施していたことがCIAの内部文書で分かった。 訓練は同年5月30、31の両日、ギンバル訓練場とキャンプ・シュワブで実施された。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス プレミアムのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS