名護市辺野古の新基地建設を巡り、沖縄防衛局は5日、食害対策が不十分として不許可にされた大浦湾側の「オキナワハマサンゴ」8群体の特別採捕許可を県に再申請した。申請後、防衛局の阿野貴史次長は記者団に対し、県に一度申請していることなどから「速やかに判断していただけるものと考えている」と述べた。