航空自衛隊那覇基地所属の大型輸送ヘリCH47Jが鹿児島県沖永良部島で機体後部のドアを落下させた問題で、県議会代表団は5日、空自那覇基地を訪れ原因究明と再発防止を求めた。 県議団を代表して抗議した渡久地修氏によると、対応した山口英章1等空佐らは謝罪した上で人為的ミスを否定。