安倍晋三首相が進める憲法9条の改正に反対しようと、稲嶺進前名護市長らは6日、「安倍9条改憲に反対する県民連絡会(仮称)」を立ち上げた。同日、連絡会は沖縄県庁で設立会見を開き、多くの県民の賛同を呼び掛けた。署名運動やSNSでの発信、シンポジウムの企画などに力を入れ、県民全体で憲法9条への理解を深めていく。

県民連絡会への賛同を呼びかけた稲嶺進前名護市長(右から3人目)ら=6日、県庁

 連絡会は憲法9条に「自衛隊」を明記することに反対している。改正は県民の平和への思いや名護市辺野古への新基地建設を許さない民意を否定することにつながり、到底容認できるものではないと訴えた。

 稲嶺氏は「(改正は)辺野古の新基地建設問題にもつながっていく。地上戦に巻き込まれた沖縄だからこそ、声を発していかないといけない」と力を込めた。

 署名運動などに関する問い合わせは、電話080(6498)7231。