沖縄県内ではしかが猛威を振るっている。空気感染し、感染力が非常に強いはしかを予防するにはワクチン接種しかなく、2度の接種が有効だ。はしかは国内では2015年に排除状態となり、以降は海外から持ち込まれるケースがほとんど。訪日外国客が増える中、受け入れ側での自衛の徹底が重要となっている。