航空自衛隊那覇基地を拠点とする第9航空団の編成式典が31日、同基地であった。1972年に編成された従来の第83航空隊を解除し、新たに編成された形だ。F15戦闘機が約40機に倍増され、2飛行隊で活動する。式典で若宮健嗣防衛副大臣から、第9航空団の川波清明司令に司令旗が手渡された。

新たに編成された第9航空団のF15=31日、航空自衛隊那覇基地

新たに編成された第9航空団のF15。燃料タンクには「ゆたしくうにげーさびら」の文字=31日、航空自衛隊那覇基地

若宮副大臣(左)から司令旗を授与される第9航空団の川波清明司令=31日、航空自衛隊那覇基地

新たに編成された第9航空団のF15=31日、航空自衛隊那覇基地 新たに編成された第9航空団のF15。燃料タンクには「ゆたしくうにげーさびら」の文字=31日、航空自衛隊那覇基地 若宮副大臣(左)から司令旗を授与される第9航空団の川波清明司令=31日、航空自衛隊那覇基地

 若宮副大臣は北朝鮮の弾道ミサイル配備や核開発の動き、中国の活発な領海侵入などに触れ、「緊張感を持って任務に当たってほしい」と激励した。

 式典終了後、若宮副大臣は整備中の那覇空港第2滑走路を自衛隊が専用で使う可能性について、記者団に対し「自衛隊が1本、専用で使うということは考えていない」と否定した。

 51年ぶりの航空団新編は、南西地域の防衛強化が目的。第9航空団は対領空侵犯などを担う。中国機などに対応する緊急発進回数は急増しており、2014年度は468回、15年度は昨年12月末までで352回。全国の中で、那覇基地からの発進が約6割を占めている。