モノレールで先日、何度も「シーッ」と元気な男の子をたしなめる母親を見た。別の日には若い女性が声の大きい年配の男女に同じしぐさをした

▼いずれも中国人旅行客らしかった。日本で批判されているマナー問題を、当のご本人たちも意識しつつあるようだ

▼日本人も海外旅行が広がった1980年代にスリッパとパジャマ姿でホテル内を闊歩(かっぽ)し、欧米から非難を浴びた。浴衣姿で移動する旅館文化をそのまま持ち込んだからで、旅館になじみの薄い県民はホテルの利用が適切だったという面白いエピソードも耳にした

▼昨年、当地を訪れた外国人観光客は県人口を超える約150万人で、前年から60万人余り増加。街の風景も急変した。店員も客も中国人という薬局があるし、衣料品店では若い店員がためらうことなく英語で対応する姿を目にする

▼マニュアルにないおもてなしが得意の県民だが、急増する台湾や韓国、中国人客らに対応する案内表記は足りない。要望の高い無料LANサービスWiFi(ワイファイ)を、県が県内全域で統合整備するのは新年度からだ

▼ことしの入域観光客数の目標は800万人超。4年連続で過去最高を更新する鍵を握るのは外国人客だ。観光客はストレスなく旅を楽しみ、県民は喜んで迎え入れる。文化摩擦も越える観光立県を目指したい。(与那嶺一枝)