【宮古島】宮古島市平良西里の商業施設建設現場で見つかった米国製50キロ爆弾2発の処理作業が3日午前2時から行われる。午前1時半に現地対策本部を同市消防本部に設置。同50分から周辺道路を一部規制する。避難半径は166メートル。避難世帯は1世帯1人。

不発弾処理現場と現地対策本部

 また、処理作業終了後の同日午前8時50分には同市平良福山の通称・クバス浜で過去に処理した不発弾の信管などの爆破処理作業がある。避難世帯や避難人員はない。海上航行は午前8時に規制。半径300メートルを立ち入り規制する。