「島ヤサイの日」の8日、JAおきなわはファーマーズマーケット全11店舗で、キャンペーンを展開した。「島ヤサイコーナー」を設置したほか、島野菜を使った料理の試食やレシピを配布。沖縄の食文化を支えてきた伝統野菜の消費拡大を目指し、家族連れや若い世代にもPRした。

特設コーナーで島ヤサイを手に取る買い物客=8日、糸満市・JAファーマーズマーケットいとまん「うまんちゅ市場」

 ファーマーズマーケットいとまん「うまんちゅ市場」では、試食コーナーを設け、島野菜の料理法を紹介。特設コーナーではハンダマ、ンスナバー(フダン草)、フーチバーなど約10種類の島野菜が並んだ。新鮮な野菜を求める買い物客でにぎわい、午前中で完売する野菜もあった。

 試食コーナーでは、さっぱりとした「ハンダマの彩り和え」やチヂミのような「サクナのなびぱんびん(鍋天ぷら)」を紹介。砂川裕樹副店長は「多くの人に島野菜を食べてほしい」と期待した。

 豊見城市の吉田弘輝さん(32)は試食した後、島ヤサイコーナーを訪れ「レシピや食べ方を紹介してくれると島野菜を手に取りやすくてありがたい」と笑顔を見せた。