ヤクルトの新垣渚は、プロ14年目にして初めて地元の沖縄キャンプでスタートを切った。「自主トレはするけど、沖縄でユニホーム姿を見せたことはない。特別な1日になった」と感慨深げだった。

初日からブルペンに入り、投球練習で笑顔を見せるヤクルトの新垣渚

 2季ぶりの白星を挙げた昨季は前半戦で先発ローテに入り、15試合で3勝10敗だった。

 さらなる活躍で復活を誓う今季は、キャンプ初日からブルペン入り。変化球を織り交ぜながら55球を投げ込んだ。

 かつて甲子園を沸かせた沖水エースも、ことし36歳になる。「県民の前で野球ができるのは幸せ。元気な姿を見せて、少しでも勇気を与えられるように頑張りたい」と語った。