沖縄県西原町内の大型商業施設で万引した男が逃走の際、男性店員にけがを負わせた事件で、那覇地検は6日、中国籍の会社員(40)を強盗致傷の罪で起訴した。

(資料写真)パトカー

 起訴状によると、3月15日午後3時46分ごろ、同店で衣類1点を盗み駐車場で車に乗ろうとした際、被害男性に制止されたため、車を発進させて転倒させ、全治14日間のむち打ちなどを負わせた疑い。