【宮古島】国指定の重要無形文化財で宮古島市上野の野原集落に伝わる厄よけの伝統祭祀(さいし)「サティパロウ」(里払い)が1日あり、来訪神「パーントゥ」に扮(ふん)した子どもを先頭に「ホーイホイ」と声を上げながら子どもや女性たちが集落を練り歩いた。

厄払いのため集落内を練り歩く参加者=1日、宮古島市上野野原

 旧暦12月最後の丑(うし)の日に行われる恒例行事。この日は雨模様だったが、パーントゥの面をつけた上野小5年の島尻恭宇(やすたか)君を先頭に、子どもたちやヤブニッケイなど3種の植物を身に着けた女性らが集団で行進し、集落内を巡った。

 初めてパーントゥに扮した島尻君は「緊張した。寒かったけど地域のために頑張れた」と笑った。

 野原自治会の塩川克也自治会長は「地域に子どもたちが少なくなり継承が難しくなっているが、伝統を守る環境づくりをしていきたい」と話していた。