第二尚氏23代当主の尚衞(まもる)氏(67)が6日、第二尚氏王統の陵墓である世界遺産の玉陵(たまうどぅん)(那覇市首里金城町)で清明祭(シーミー)を行い、祖先を供養した。衞氏らによると、尚本家による玉陵での清明祭は22代当主の故裕氏が内々に実施していた1970年代後半以来で約40年ぶりという。