名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票に向けて、県内や県出身の大学生、経済関係者らでつくる「辺野古県民投票を考える会」は6日、那覇市内で、県民投票の請求代表者の会議を初めて開いた。県民投票に必要な署名活動を5月の大型連休後に開始する計画などを確認した。