新基地建設の埋め立て承認取り消しをめぐり、国が翁長雄志知事を訴えた代執行訴訟で、裁判所が示した異例の和解案2案が判明した。県と国双方に妥協と譲歩を求め、対立の継続を避けたい裁判所の考えがにじむが、新基地建設への方針が真逆の両者が、同じ案を受け入れる可能性は低い。