KPG HOTEL&RESORT(田中正男社長)が運営する「東京第一ホテル オキナワ グランメールリゾート」(沖縄市、川中由仁総支配人)は4月1日、「オキナワ グランメールリゾート」に名称を変える。阪急阪神ホテルズ(大阪府)とのフランチャイズ契約を解消し、独自ブランドで展開していく。

4月から「オキナワ グランメールリゾート」に名前が変わる「東京第一ホテル オキナワ グランメールリゾート」=沖縄市

4月から展開する「オキナワ グランメールリゾート」のロゴ

4月から「オキナワ グランメールリゾート」に名前が変わる「東京第一ホテル オキナワ グランメールリゾート」=沖縄市 4月から展開する「オキナワ グランメールリゾート」のロゴ

 田中社長は「グランメールは地元に定着している。沖縄の観光産業は勢いがあり、独自ブランドでも十分展開できる」と意気込んだ。

 同ホテルは14階建て、客室総数300室。1991年に完成。KPGが2006年から運営している。