【読谷】村ボランティア団体連絡協議会(佐久本盛有会長)が主催する世代間交流会が3月17日、村総合福祉センターで開かれた。子どもから80代までの約120人が参加。ボールを使ったゲームや輪投げなど、気軽に楽しむことができるニュースポーツを楽しんだ。 交流会はニュースポーツの普及も兼ねて10年ほど続く。