6日午後5時ごろ、宜野座漁港沖を航行中の船から「モズク畑付近で浮いている人を引き揚げたが亡くなっているようだ」と118番通報があった。中城海上保安部によると、モズク漁をしていた宜野座村の60代男性が通報から約30分後に死亡。待機していたドクターヘリの医師が確認した。中城海保が死因などを調べている。