【長崎で大城大輔】陸上自衛隊は7日、離島防衛の専門部隊「水陸機動団」の発足式を相浦駐屯地(長崎県佐世保市)で開いた。陸自はこれまでもっていなかった水陸両用作戦能力を持つことになったが、「実戦部隊」の配備は、沖縄を含む南西諸島の安全保障環境のさらなる緊張を生む懸念もある。