藤田観光(東京都)のWHG事業グループは1日、4月7日開業予定の「ホテルグレイスリー那覇」(那覇市松尾)に、沖縄の美しい海の中を体感できるコンセプトルーム「美ら海ルーム」を整備すると発表した。22日から予約を受け付ける。

整備される「美ら海ルーム」のイメージ

 美ら海ルームは海の様子を写した映像を、部屋の2面ににわたって縦約1メートル、幅約10メートルで投影。映画撮影でも活躍する写真家、赤木正和氏が石垣島の海などで撮影したオリジナル映像や、等身大のジンベエザメなどが登場するコンピューターグラフィックス(CG)などが流れる。

 また、ホテルエントランスでも床面などに映像を投影し、沖縄の海の魅力を発信する。

 同ホテル開業準備室の田中一志室長は「ホテルに入った瞬間から美ら海を感じてもらいたい」とPRした。