旧優生保護法のもと、障がい者らへの不妊手術が繰り返された問題で、謝罪と補償を求める声が広がっている。 宮城県に住む60代の女性が、国に損害賠償を求める初の訴訟を起こした1月以降、その声は強まっている。