県農業研究センターは京都大学防災研究所と連携して、ハウス栽培で利用される園芸用ネットの強度測定技術の開発に取り組んでいる。ネットの耐風性や強度を正確に測定し、強度の高いハウス設計に役立て県産園芸作物の生産拡大につなげたい考え。