日本人名義の偽造運転免許証を使ったとして、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブにある隊舎の建設工事の作業員で中国籍の男(20)が、偽造有印公文書行使の罪で那覇地検に起訴されていたことが7日までに分かった。捜査関係者によると、男は2月、県警に逮捕・送検された。