与那原町と、昨年那覇市から同町に移転した沖縄女子短期大学(沖女短)が「包括的な連携・協力に関する協定」を結び、学習支援や津波発生時の施設利用などで関わりを深めている。町が大学のノウハウを借り、児童教育や福祉などを学ぶ学生が町の児童館などで子どもたちと接するなど、地域の活性化や人材育成が行われている。