辺野古新基地の建設で、国立沖縄工業高等専門学校(沖縄高専)が危険区域内に取り込まれてしまうことが判明した。原因は、政府が抗議行動を避けるという政治的動機で建設地を陸地に近づけたことにある。引き換えに、学生、職員、周辺住民、そして米兵の命が危険にさらされる。