【山城博明通信員】ボリビア沖縄県人会(知念良信会長)は3月17日、オキナワ日本ボリビア協会の会館ホールで2018年度総会を開催した。役員の任期満了に伴い改選が行われ、副会長を務めてきた比嘉徹さん(53)を会長に選出した。任期は2年。

県人ボリビア移住110周年式典に向け「会員皆さんの協力を得て頑張りたい」と抱負を語るボリビア沖縄県人会の比嘉徹新会長

 比嘉さんはオキナワ移住地生まれの2世でボリビア沖縄県人会初の2世会長が誕生した。

 今年8月12日には県人ボリビア移住110周年記念式典を控え、比嘉新会長の新体制の下、これまでの準備委員会を実行委員会と名称を改めて祭典の準備を進めていくことになった。

 比嘉さんは「大きな行事を目前に控えている。会員皆さんの協力を得て祭典が成功裏に終えるよう頑張りたい」と意気込みを述べた。