沖縄県の翁長雄志知事は3日、北朝鮮の「弾道ミサイル」に対し防衛省が自衛隊へ破壊措置命令を出したことに、「万が一の非常事態に備えた緊急的な対応」との認識を示した。八重山出張から帰任後、那覇空港で記者団に答えた。

翁長沖縄県知事

 知事は県民へ不安を与えないよう政府に丁寧な説明を求めた上で、「県民の生命財産の安全を確保するため、万全の措置を取る必要がある」との見解を示した。

 周辺国の脅威に対し、沖縄に米軍基地が集中し、日本の安全保障を負担していることを念頭に「大変残念なこと」と懸念。「平和的に外交努力を尽くして、武力紛争で物事が解決されないような態勢をとってもらいたい」と述べた。