名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票を巡り、「実施すべきだ」「県民が分断される」などさまざまな意見が出ている。翁長雄志知事を支えてきた「オール沖縄」勢力内でも意見が分かれ、県民投票実施を訴えていた企業が脱退。