長男は四男へ、次男は三男へ-。那覇市に住む宮城博さん(45)、優奈さん(39)夫妻の4兄弟は、兄から弟へランドセルを引き渡す。安謝小学校の入学式がある10日、新入生の三男遥希(はるき)君(6)が、開邦中1年の次男心輝(しんき)さん(12)が愛用したランドセルを背負って登校する。同中2年の長男青空(そら)さん(13)が使っていたランドセルは来春、四男の粋叶(すいと)ちゃん(5)が使う予定だ。

長男青空さん(後列左)は四男粋叶ちゃん(前列左)、次男心輝さん(後列右)は三男遥希君(前列右)へランドセルを引き継ぐ=7日、那覇市安謝の自宅

 紺色の二つのランドセルは祖父母がプレゼントしたもので、おそろいのデザイン。ふた部分に透明のカバーを掛けて大事に使っていた。きれい好きな心輝さんは「置くときは背面を下に。たまにクリーナーのスプレーを掛けて布で拭いた」と、お手入れも大人顔負けだ。

 卓球で全国大会出場経験のある青空さんは「少し乱暴に扱ったかも」と苦笑いし「とても丈夫で、自分の肩にフィットしてた。ほかのかばんに替えたくなったことはない」と愛着を語る。母優奈さんは「新品に負けないくらいきれいに使ってくれた」と、2人の成長に目を潤ませた。

 新1年生の遥希君が「ランドセルは大切に使う。卓球も頑張りたい」と目を輝かせると、心輝さんは「遥希なら友達もたくさんできる。遊びも勉強も頑張ってね」とエール。兄の6年間の思い出が詰まったランドセルに、新たな思い出を積み重ねていく。