名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が9日に着手した「N3」護岸は「K4」「N5」と一部海域を囲い込むため、本格的な土砂投入が加速する見通しだった。