名護市辺野古の高台にある国立沖縄工業高等専門学校(沖縄高専)の校舎が辺野古新基地の周辺に設定される建造物の高さ制限を超えていることが明らかになった。 米国防総省策定の飛行場設置基準によると、「水平表面」の制限は滑走路の周囲2286メートルで標高約55メートルである。