「二つの古里がある私だからこそ、できることがある」。福島県いわき市在住で那覇市協働大使の葉田野真佳(みちか)さん(58)は、福島第1原発事故と米軍基地という苦悩を抱える両県民の「心の復興」を目指し、アートで沖縄と福島をつなぐ活動をしている。